通信費をできるだけ節約!WiMAXの選び方のポイント!

WiMAXが便利そうで使ってみたくても、何を基準に選べばいいのか迷っている人も多いことでしょう。

そこで、自分に合った会社選びのポイントについて、紹介しましょう。

どの機種が向いているかで選ぶ

WiMAXでおすすめできる機種は3タイプあります。

  • W06
  • WX05
  • L02

W06とWX05は持ち運びできるタイプで、L02は家に設置して使うタイプのものですね。まずは持ち運びできる方がいいのか、家の中で使えるタイプがいいのかを決めましょう。

W06は最新のタイプですから、通信速度が早いのが魅力ですね。一方、WX05は通信速度こそW06に負けますが、バッテリーが長持ちしますね。

やはり最新タイプの方が機能に優れていますから、実質的にはW06かL02のどちらにするかで決めるのがおすすめです。

向いている料金プランで選ぶ

料金プランは2つのタイプがあります。

  • ギガ放題プラン
  • 通常プラン

ギガ放題プランは通常プランよりも料金はやや高くなりますが、通信制限がなく使い放題になっています。

一方、通常プランは1ヶ月に7GBまでと上限がありますから、あまりネットを使わない人に向いていますね。

ストレスなく思い切りネットを楽しみたいならギガ放題プラン、それほどネットは使わないなら通常プランがおすすめです。

プロバイダー選びをしっかりと

各プロバイダーでは、料金がお得になるキャンペーンをやっているところも多いです。そのプロバイダーで契約するとキャッシュバックがあったり、月額料金が安くなっている場合が多いですね。

このプロバイダー選びこそが、料金で一番お得になるかどうかがかかっています。各プロバイダーがどんなサービスを行っていて、その他の条件などもしっかり確認した上で、自分に合ったプロバイダーを選ぶのが大事ですね。

後からキャッシュバックされるキャンペーン重視か、月額料金が安くなる方がいいのかを決めましょう。

それによって、選ぶプロバイダーの候補も絞れてきます。ネットの口コミやポケットWiFi比較サイトなどをチェックすると、自分向きなのはどこかがわかってきますね。

auとWiMAXはどんな仕組み?

WiMAXはauとの割引プランなどもありますが、auにしてみれば、WiMAXの通信プランはあくまでも他社サービス。

そのため、auショップの店員がWiMAXについてよく理解していない場合もあり、料金や契約内容に関するトラブルが各地で発生しているようです。

ドコモやワイモバイルも?

ドコモやワイモバイルではそうしたトラブルをあまり聞かないのですが、そちらは自社サービスなので、店員が内容について把握しており、トラブルにならない場合が多いのだと思われます。

WiMAXの契約では、プロバイダを介しての契約した場合も、あとからauショップに行って申し込むことで携帯電話端末の利用料割引には加入できます。

また、ショップに行くよりも豊富な種類の端末からルーターを選ぶこともできます。

選び方がわからない、ということであれば、WiMAXに申し込むことでお得になるプロバイダから選択するのがいいかもしれません。『詳しく:WiMAXプロバイダ7社を徹底比較!本当におすすめのプロバイダは?

まとめ

モバイルルーターを使用したい人の多くは、外出先でも快適な通信環境を持ちたい、という要望があると思います。

こうした需要に対して、通信速度が安定していて、かつ料金を安く抑えられるという点から、最もオススメできるのがWiMAXなのです。

ただし、モバイルルーター特有の通信不能エリアがあることや、固定回線ほどの通信速度は得られないという点は、あらかじめ理解しておいたほうがいいでしょう。

 

羽生結弦選手がオリンピックで使用した曲の映画、陰陽師

羽生結弦選手がオリンピックでも使用した音楽としても有名な映画「陰陽師」。2001年に公開された映画ということもあり、内容を知らないという人もいるのではないでしょうか?

過去に観たことのある人も、羽生選手の演技で知ったという人も、今回を機にもう一度観てはいかがでしょうか?

あらすじ

平安時代に活躍した陰陽師。この世とあの世の世界が曖昧でもあった当時。その二つの世界の調和を取りなす役割をしていたのが陰陽師でした。

中でも有名だったのは安倍晴明(野村萬斎)。ある日、内裏の陰陽頭である道尊(真田広之)は”都の守り人”が現れると予言しました。

それを聞き、守り人は帝の寵愛を受けている任子(国分佐智子)の腹の子どもかと誰もが思うのでした。

しかし、生まれた帝の子どもである敦平親王に異変が起きるのでした。これを都の危機と感じた右近衛府中将・源博雅(伊藤英明)は安倍晴明に助けを求めにやってくるのでした。

きになる出演陣は?

夢枕獏の原作「陰陽師」を2001年に竜田洋二郎監督が映画化した作品です。

当時は、狂言の世界で活躍している野村萬斎さんが主演を務めるとあり、話題にもなった映画作品でもあります。今や狂言の世界を担う存在の野村萬斎さんが、飄々とした安倍晴明を演じています。

また右近衛府中将・源博雅を「海猿」シリーズなどでも有名な伊藤英明さんが演じています。「海猿」シリーズが始まる前の作品ともあり、この作品ではとっても若々しい印象があります。

野村萬斎さん演じる安倍晴明に遊ばれている源博雅はちょっぴり可愛い感じも受けます。陰陽頭の道尊を演じる真田広之さん。この作品では安倍晴明とも対立する役柄となっています。

後半に起こるバトルは白熱したものとなっており見どころでもあります!

衣装のデザインはあの人!

実はこの映画のキービジュアルや衣装デザインなどは天野喜孝さんが務めています!

天野喜孝さんと言えば、日本を代表するキャラクターデザイナーであり、画家、イラストレーターです。有名な作品としてはタイムボカンシリーズであったり、ファイナルファンタジーシリーズを手掛けています。

そんな有名な画家、デザイナーの天野喜孝さんが、この映画作品の衣装デザインなどを担当されたということはあまり知られていないのではないでしょうか?

羽生選手の衣装とはまた違う安倍晴明の衣装にも注目してみてください!

まとめ

2001年公開の作品ということで、特殊効果などが今よりも古く見えます。今を時めく俳優陣が若くて初々しい感じも今見ると新しさを感じます。

羽生選手の演技を思い出してみると、音楽もこの部分を使っていたのかと分かりますよ。